Return to site

音が鳴ってさえいれば大正解

店長っす!

急に暑いよね。

たまーに、暑いのと寒いのどっちが苦手?みたいな質問し合う時あるけど

僕は暑いのも寒いのもどっちも苦手かな。

逆に夏は暑くても、冬は寒くても

本当に心の底から平気、って人がいるなら

それはすごいことだと思う。

出身地とかで変わったりするのかな…?

5月はライブもレコーディングも多かったんだけど

加えて毎週他のライブハウスにライブ観に行く機会があって

ほんっとーに忙しかったような気がする。

昨日はもう泥のように寝ちゃったよね。

明日明後日でなんとか溜め込んだ経理をやれたらと思っている。

思っているだけで終わってしまうことがほとんどなんだけど。

やっぱり他のライブハウスにライブ観に行くのは非常に勉強になる。

バンドだけやってた時とはうってかわって

変に防音の事とか、ドリンクバーとか

機材とか空調回りとかばっかり目が行くようになっちゃったけど。

それぞれの持ち味や工夫があって

本当にライブハウスって面白いなぁと今になって再確認。

例えばガード下のライブハウス(関西に多いような気がする)では

MC中に天井を走る電車の音が

「ガタンゴトーン」と聞こえてきたりする。

人によってはデメリットかもしれないんだけど

本当にすごいライブしてる時はそれすらも演出みたいに聞こえてきたりするときもあるんだよねぇ(主観)

おとなりみたいに楽屋がないライブハウス、なんてのもたまにある。

出演者はくつろげないっちゃくつろげないんだけど

それはそれで共演者のライブを全部見る機会になったりすることもあって

いつもよりみんなとてつもなく仲良くなれることもある。

「うち、ここがこうなんです…」

と、申し訳なさそうに言われることもあるんだけど

そんな誰かからしたらデメリットに捉えられてしまうようなポイントこそ

人間らしくてとても愛らしい。

開店当初、あらゆるカフェに通って研究していた時も

フードメニューは1品だったり

コーヒーがなかったり

注文した品を出したらヤギの散歩に出かけて行った

なんてこともあった。

僕的にはそこが一番の魅力だったんだけど

もしかしたら人によっては

「なんで他の店みたいにしないの?」

「こうしたらもっとよくなるのに」

と思うかもしれない。

それもそれで間違ってない、と思う。

本当に親切心がなかったら、そこに対して参加意欲は湧かず

すぐに店を出ていくと思うので

おとなりも1年半やってきて

よくアドバイスを頂くのだけど

結局「売上さえあれば設備投資も人件費もいとわずカバーできる」

という所にまとまってしまう事が多いのだけど

なんだかんだ言いつつ通ってくれる人だったり

僕らの今できるベストチョイスに

いつでも笑顔で喜んでくれる人だったり

心の底から感謝でしかない。

だからゆくゆく解決できる問題っていうのは

いずれ必ず解決していきたいと思いつつも

そこまで残れたら店としても本物だと思うし

通ってくれる人との絆も

もっともっと強固なものとなっているはず。

とても嬉しい出逢いも

とても悲しい別れも沢山あるけど

とりあえず今は続けていくことが大事。

色んな事に押しつぶされて消えていってしまったりするけど

ライブスペースはライブ好きな僕にとって

在り続けてさえくれれば

音が鳴ってさえいれば大正解

です。

これ、マジ。

店長

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly