Return to site

「敢行」の大事さ

店長っす!

いよいよ夏本番!

暑いっす!

火傷しそうっす!

私事ですが

9〜12月におとなりで4ヵ月連続弾き語り3マンを行います。

Why?しかないと思います。

おれすらよく分かってません。

ただ、いつもやってきた。

前のバンドでもその前のバンドでも

3ヵ月連続自主企画だとか

やれ2マン3マン果てはワンマンだとか

飽きるほどイベントばかりやってきた。

色んな場所で色んな人巻き込んで。

いつも僕はこれらを「敢行」だと思ってやって来ました。

人々がネットに目を向ける中

なんとなく世相ではバンドもファンもレーベルだの事務所だの、全国流通だのが成功への道筋で

フォロワーの数こそが評価対象なのだと思い始めてる。

そういう考え方も正しいかもしれん。

音楽人生を短距離走に見立てたら、誰もが0.1秒でもショートカットしたいに決まってる。

だからきっとこういうイベントだのバカみたいな本数のツアーだのシーンだのは、あまりにも地味だ。

何故ならそれに触れるためには、そこに足を運ばなければならないからだ。

受け取るはずの人達が労力を強いられる、そんな事しなくてもいい時代だからだ。

いい時代と言えばいい時代だ。

だからこそ「敢えて行う」のだ。

それこそが「敢行」だ。

あらかじめ決まっているのは

僕らがやっている事にゴールなどない、という事だけ。

年間何十何百のバンドやアーティストがメジャーレーベルからCDを出す。

インディーズからも出す。

それと同じ数のバンドやアーティストが売れなくなって、業界からいなくなる。バンドや唄を辞める。就職したりバイトしたりする。

「売れない事」「売れなくなった事」が区切りにならない人達だけが、今も唄ってる。

おれは違った。痛いほど自分から区切られにいったのは

追いかけていたからだ。

唄だったり、夢だったりを。

今は違う。

そういうのがなくたって唄が好きだし、音楽が好きだ。

はっきりと「唄っていく事が夢」だと気付いた。

そしたらもうペース配分も他人との押し引きも

利用のし合いもされ合いも、何も要らない。

やれるだけやってぶっ倒れてもいい。

ずっこけてもいい。

何故なら今おれはまさに

夢のど真ん中で走ってるからだ。

つって!

だから改めてアーティストのみんなに気付いて欲しい!

男は黙って自主企画!

もちろん女の子だってOK!負けるなよ男子!

誰かが心動かされてライブを見にきてくれる・気に入ってくれる だなんて

全然簡単じゃない。

だからこそ、敢えて行おう。

無理しよう。

ウケなんか狙わなくたって、成功なんて約束されてなくたって、それで立ち上がれなくなっちまったんだったら君は男じゃねぇ。

そういう店長の背中を見せれるような3マンに必ずしてやる!×4ヵ月

キャパ30人なんて楽勝っす!ぐらい言えないようじゃこの先どうする!

自主企画応援するからいつでも連絡して来なさい。

みんなの「敢行」もしっかり見せてくれる事を願っている。おとなりのステージに立っている間は、全員が主役でありますように。

ちなみにネットに対して批判的に取れるかもだけど、ネットはすごく大事だよ!

WEBサイトなかったり更新滞ってたりすると、それだけで興味なくす。

店長のやってるoldfinnは今の所無料で音源聴けるので是非ー。

店長

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly